3次元測定の事例|3D測定で鋳型中子用データ作成

三次元測定測定

中子、木型のCAD化事例

 

CAD化の目的

中子型(木型)をCAD化し CAD/CAMで再製作、NC自動機で切削加工。

既製の中子から形状データを取得し CAD/CAMで中子型を作成。

<中子のデータ化>

鋳造用主型・鋳造用主中子型の造形・発泡スチロール中子型・ キャビティ・分割・入れ子・粉末造形・砂型中子 etc.

中子を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

中子型

鋳物製品で、外壁部分や中空部分をつくるために、中に はめこむ砂型。

複雑形状なものを鋳造する時に使用されるもので 砂で造られている。

複雑な構造 をした製品を一体化するには多くの中子を必要とします。

空洞の鋳物を作るとき主型(外型)とは別に鋳型をつくり主型にはめ込む。

中子を鋳型にセットし、アルミなどを流し込むと中子部分が空洞になる。

中子用の木型に多糖類系バインダを主成分とした砂を流しこみ中子をつくる。

炭酸ガス法・・・耐火物に配合した結合剤。炭酸ガスを吹込んで硬化させる。