倣い型三次元測定で倣い型をCAD化|3D測定で倣い型をデジタル化

三次元測定測定機・計測機

倣い型、木型のCAD化事例

 

CAD化の目的

古い型の再製作、古い倣い型 ⇒ CAD化、データベース化。

アナログの木型からデジタルのデータに、NC自動機で切削加工。

<古い原型のデータ化>

木工倣い旋盤・倣い装置からNC装置へ・倣い型をデータ化しパソコンでプログラムを組みコンピュータが内蔵された数値制御工作機械へ移行

倣い型、木型を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

倣い加工

実物や模型に沿ってガイドを誘導し接ガイドと連動して型どおり切削する。

形状に沿って工具の動きを自動 的に案内し工作物を同様形状にする。

型どおりの形状・サイズに切削加工するならい削り装置。

倣いフライスや普通旋盤の送り台に装備した倣い旋盤があります。

倣い加工は手彫りに始まり、曲面や仕上精度が改善された倣い型彫盤。

NC付倣い型彫盤、さらに数値データを用いた金型のNC加工へと発展しました。

接触子・・・変位センサが被測定物に直接接触する部分。