三次元測定事例|3D測定から木型モデルをデジタルデータ作成

三次元測定測定機・計測機

木型、製品モデルのCAD化事例

 

CAD化の目的

手作りの木型をCAD化 ⇒ CAD/CAMデータを作成、データベース化。

アナログの木型からデジタルのデータに、NC自動機で切削加工。

<各種型のデータ化>

鋳造用木型・鋳造用発泡スチロール型・菓子木型・玩具の原型・製品の外観の検討や機能の確認のためにつくられる原型 etc.

木型、製品モデルを3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

木型

鋳物師や木工技術を要する仏像製作を端に発していたと言われています。

鋳物等の前工程の木型 。図面、デザイン画から3D形状を創りだします。

職人による微調整・仕上げる、熟練の職人の技で出来上がります。

鋳物工場では木型や発泡スチロールでを型を取り、鋳物製品に作り上げる。

車のエンジン・ホイール・マンホール蓋・水道管・ガス管・仏像・銅像など。