三次元測定でゴム製品の現物をCAD化|3D測定から金型用リバースCADデータ作成

三次元測定測定

ゴム製品のCAD化事例

 

CAD化の目的

磨耗した金型の再製作、金型の増産   ■既製品からの型作成

成型品と元のCADデータとの比較、誤差の検証、インスペクション。

 

<開発・設計・解析>

精密ゴム部品・自動車関連ゴム部品・電気関連ゴム部品・保安部品・防振ゴム・緩衝ゴム・金属とゴムを融合した部品 etc.

 

<ゴム製品製造工程>

① 精練工程:配合指示に従って、原料ゴムに配合剤を加えて練る。配合技術は、

各社独自であり、これにより性能が大きく左右されます。

 

② 加硫・成形工程:精練により製造された未加硫ゴムを製品成 形。精練工程はゴム原料に様々な物性を付加するために化管法で定の指定化学物質を使用される。

恒温槽付引張り試験機、応力緩和試験機、ゲーマンねじり試験機、耐電圧試験機 基本物性試験などを経て精密ゴム部品が作られています。

ゴム製品を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。