三次元測定で自動車インパネの現物をCAD化|3D測定からデザインモデルをCAD化

三次元測定測定

自動車インパネ部品のCAD化事例

 

CAD化の目的

成型品と元のCADデータとの比較、誤差の検証、インスペクション。

デザインモデル、製品モデル、モックアップモデルのCAD/CAM化。

<開発・設計・解析>

運転席と助手席の間インストルメントパネルの自動車樹脂部品・エアコン・カーラジオ・オーディオ・ナビ画面操作パネル etc.

試作の原寸モックアップによりインパネの基本形状につ評価実験を行行なわれる。インパネを組み合わせたて手前突出度左右並び高さ等を評価されます。

インストルメントパネルを3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

インストルメントパネル

ダッシュボードに組みつけたスピードメーターやウォーニングランプ等計器板。

自動車の前席正面に走行に必要な情報を指し示す計器類が配置されている。 

自動車業界用語はインストルメント・パネルとダッシュボード通常同じものをさす。

インストルメントパネルは内装部品の顔。安全性と使い易さ迄求められる部品。

インスト芯材と表皮の間に発泡体を介在させるてソフト感をだし高級感を演出。