三次元測定でチューニングした金型をCAD化|3D測定から2番型用データ作成

三次元測定測定機・計測機

チューニングした金型のCAD化事例

 

金型のCAD化

デザイン修正等による設計変更,また試作時の微調整した金型のCAD化。

チューニングされた金型を再生産するためのデータ保存、データベース化。

金属金型成形の問題点のチェック・ 性能確保のためのチューニング

 

プレス金型・・・金型内で金属の板をコイル状にまとめた、金属材料を金型で打ち

抜き、曲げ加工を行う。バリ取り加工、めっき、塗装などの表面処理を行い完成。

 

鍛造型・・・金型内の金属材料に高い圧力を加えて、塑性変形により形状を作る。

塑性変形による加工硬化し肉厚が厚く、強度が必要な製品に適しています。

修正・調整した金型を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

金型のチューニング

プレス機械差によるマッチング作業・寸法公差などの修正。

金型製作後に良品が出るまでに多くの補正とマッチング作業も必要になります。

設計・ 製作、成形工程、量産体制の確立に最適化のチューニング作業。

修正した1番型のコピー型をつくる場合三次元測定でCAD化が必要になります。

金型つくりにCAD化・NC化が進みリソーセス対応や均一品質されている。