三次元測定で機械部品の現物からCAD作成|3D測定

三次元測定測定

機械部品のCAD化事例

 

CAD化の目的

特殊部品をデータ化、ストック部品の作成、保守部品を作成。

故障、破損時の危機管理用、予備備品の製作等に利用。

設計、構造解析、製品の形状検査、製品のデータベース等にも利用できます。 

機械部品を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

産業機械

産業現場で人にとって苦痛、困難、不可能な作業を補助、代行するもの。

建設機械・繊維機械・鉱山機械・運搬機械等の産業界に役立っている機械。

トンネル工事、公共工事、空港・鉄道等で使 われる特殊車輛、自動車関連設備。

石油・ガス、化学、製鉄、非鉄、セメント、繊維、紙パルプの各種プラント。

開発段階からエンドユーザーのご要望による特注製品が多い現場用産業機械。