三次元測定で部品のハウジングからCAD作成|3D測定

三次元測定測定機・計測機

部品のハウジングのCAD化事例

 

CAD化の目的

電装部品の設計、周辺機器装置の設計、ハウジングスペースの確認に利用。

アルミ合金製ハウジング、プラスチック製ハウジング等。

<開発・設計・解析>

自動車電装部品ハウジング電子部品のハウジング・電気機器部品のハウジング・ハウジングアセンブリ・ポンプハウジング etc.

電子機器のハウジングを3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

 

 <リバースエンジニアリングのデータ作成>

 現物形状データを採取し、座標のポイントデータからポリゴンメッシュを作成編集

 ポリゴンメッシュデータから設計特長形状変数を抽出しパラメータ化した3D-CADデータを作成

 ポモデリング作業は、計測データとの許容公差内で設計します

 定義した公差に基づてカラーマップでリアルタイムに偏差を分析しながら3D-CADを作成

 材質、計測、サイズ等により非接触式測定、接触式測定、X線CT測定のいずれかを選択します。

    現物部品  三次元計測(非接触式計測・接触式計測・CT)  ⇒ 点群     ポリゴン  ⇒ CADモデリング

 

 

 ハウジング部品

 エンジンや電動装置などの動力を受取り,作 動させるために必要な,オイルポンプ,発電 機,油圧ポン

 プなどの補機を駆動させる役割を担っています。電気製品などの内部の部品を保護する役目を持ってい

 るハウジングは樹脂使用されますが、自動車用変速機において、エンジンと変速機とを結合する変速機

 のケースの部品としてのハウジングは鋳造が主力です、航空機用部品においては,アル ミニウム板材

 からの削出しが盛んに行われており,鋳鍛 造品から削出し品に切替えられています。複雑形状の鋳造

 品の型設計にCAD シ ステムや多軸加工機でNC 加工した高精度型を適用されます。3D-CAD システム

 とリバースエンジニアリングの技術により高精度型のNC 加 工化と合せられる場合もあります。