三次元測定で電装部品のハウジングからCAD作成|3D測定

三次元測定測定機・計測機

電装部品のハウジングCAD化事例

 

CAD化の目的

電装部品のハウジング形状をCAD化、干渉チェック、構造解析等に利用。

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

<開発・設計・解析>

電機機器のアウジング・自動車電装のハウジング 

電装部品のハウジングを3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

 

 <リバースエンジニアリングのデータ作成>

 現物形状データを採取し、座標のポイントデータからポリゴンメッシュを作成編集

 ポリゴンメッシュデータから設計特長形状変数を抽出しパラメータ化した3D-CADデータを作成

 ポモデリング作業は、計測データとの許容公差内で設計します

 定義した公差に基づてカラーマップでリアルタイムに偏差を分析しながら3D-CADを作成

 材質、計測、サイズ等により非接触式測定、接触式測定、X線CT測定のいずれかを選択します。

    現物部品  三次元計測(非接触式計測・接触式計測・CT)  ⇒ 点群     ポリゴン  ⇒ CADモデリング

 

 

 自動車電装部品

 自動車電装部品は、自動車に備え付けられる各種電気、電子機器、電機装置のことを呼びます。発電

 機・スターター・ウインカーなど、電気関係の部品の総称。現在の自動車は電気製品と呼んでも過言では

 なく、各種の電装装置で動いています。。自動車排出ガス規制の強化に伴い、ディーゼルエンジンでも電

 装品は増加しています。ディーゼルエンジン用スターティングのモータスタータ、電気を作りだす発電機ダ

 イナモ、ガソリンエンジンの点火装置、燃料噴射装置、電圧レギュレーター、鉛蓄電池、カーエアコン、

 クーラーコンプレッサー、カーオーディオ、カーナビ、エンジンコントロールユニット等。リバースエンジニ

 アリングに関しては、電機装置部品のハウジングのリバースモデルデータを利用して機構部品との干渉

 チェックや製造、工程設計の事前検討の支援のCAEに活用されています。