三次元測定で自動車車両部品の現物からCAD作成|自動車部品の軽量化の技術開発にリバースエンジニアリングの利用

三次元測定測定機・計測機

自動車自動車両部品のCAD化事例

 

CAD化の目的

完成品の構造解析、断面構解析、 歪み解析に利用。軽量化の技術開発。

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

<開発・設計・解析>

一般車両部品・特装車両部品 ・ブレーキ部品・内装部品

自動車車両部品の既製品を3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

 

 

 <自動車部品のリバースエンジニアリングCADデータ作成>

 自動車部品の現物形状データを採取し、座標のポイントデータからポリゴンメッシュを作成編集

 ポリゴンメッシュデータから設計特長形状変数を抽出しパラメータ化した3D-CADデータを作成

 ポモデリング作業は、計測データとの許容公差内で設計します

 定義した公差に基づてカラーマップでリアルタイムに偏差を分析しながら3D-CADを作成

 材質、計測、サイズ等により非接触式測定、接触式測定、X線CT測定のいずれかを選択します。

    現物部品  三次元計測(非接触式計測・接触式計測・CT)  ⇒ 点群     ポリゴン  ⇒ CADモデリング

 

 

 自動車部品の軽量化には自動車の構成構成素材を普通鋼材から、比重の軽い樹脂や、強度が強く量を

 抑えることが可能なハイテン材などの軽量化素材に変えていくことが必要があります。

 素材の転換や軽量化素材を切断する・曲げるの加工技術の革新や材質や厚さの異なるものを接合接着

 などの接合技術革新 が必要とされます。開発や解析にリバースエンジニアリングが利用されます。