自動車ハブ部品の現物の三次元測定から3D-CAD作成車体本体と回転する車輪を仲介する役目を果たすハブのCAD化

三次元測定測定

自動車ハブ部品のCAD化事例

 

CAD化の目的

完成品と元のCADデータの誤差検証(インスペクション)

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

<開発・設計・解析>

自動車用駆動部品・ハブユニット軸受・ハブジョイント・ハブユニット

自動車部品を三次元測定、現物形状から点群データを採取します。


 

 

 

 

   <ハブ部品>

   ハブは産業用軸受部で鉄道車両・自動車・オートバイ・自転車などの車輪を構成する部品。静止した

  車体本体と、回転する車輪を仲介する役目を果たします。ハブ輪は,鋼材丸棒の材料素材から鍛造,

  旋削,熱 処理,研削などの工程を経て部品として完成します。車輪がスムーズな回転を実現するた

  めにハブ輪にハブベアリングやハブボルトが内蔵されています。ハブ軸受は走る、曲がる、止まるを

  支える部品のため非常に高い信頼性が必要です。また燃費向上のため小型・軽量化も強く求められ

  ています。制動時の振動性能にも大きな影響を与える重要な部品です。