三次元測定でトラックミラーの現物のCAD化|破損件数の多いサイドアンダーミラーの補修用純正タイプミラー製作用CADデータ作成

三次元測定測定

トラックドミラーのCAD化事例

 

CAD化の目的

トラックミラーの外装カバーの設計に利用。補修用純正タイプミラー製作用。

実物形状のCAD化、スキャンデータ参考にカバーを設計。

<開発・設計に>

車種別トラック用メッキミラーカバー LEDサイドミラーカバー etc.

三次元測定 三次元CADデータ作成

トラックミラーを三次元測定、現物形状の座標点ポイントデータを採取します。

 

 

  <三次元計測からリバースエンジニアリングCADデータ作成>

   自動車部品の現物形状データを採取し、座標のポイントデータからポリゴンメッシュを作成編集します。

  ポリゴンメッシュデータから設計特長形状変数を抽出しパラメータ化した3D-CADデータを作成します。

  ポモデリング作業は、計測データとの許容公差内で設計します。定義した公差に基づてカラーマップで

  リアルタイムに採取した形状データとの偏差を分析しながら3D-CADを作成します。

 

     現物部品  三次元計測(非接触式計測・接触式計測・CT)    点群         ポリゴン  ⇒   CADモデリング

      

  対象物の材質、形状、サイズ等により三次元計測機を選択します。再現精度はそれぞれ50μ以内です。