三次元測定,工業モデルをデジタル|既製品をCAD化|三次元スキャニングで形状をデータ化

三次元測定測定

目的に応じたデジタル化の内容

■製品解析の形状データ作成

※詳細は画像をクリックして下さい。

CADソリッドデータ(質量の情報を保持・中身の詰まった固体)

■物体の体積・重量、重心・断面等の各解析に利用できます。
■解析でのメッシュ作製がしやすいデータです。

CADサーフェスデータ(中は空洞の表面のデータを持った面)

■表面形状の解析に利用できます。
■製品の形状検査、原図との偏差チェックに利用されます。

■製品設計の形状データ作成

■職人が作成したモデル、木型からの設計、人の感性で造形したモデル
■人体の装着品、医療器具、イス、取っ手、ツマミ等のモデルからの設計
■石、岩石、木、植物、昆虫等の形状を自然から取得し設計に利用
■図面がない製品の再製作・リバイバル製品のデータ化

■ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt) 
■サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他

■試作・モップアップの形状データ作成

■製品化の企画検討用モデル、デザイン検討用、のCAD化
■市場調査用ダミーモデルのCAD化
■光造形用の形状データのCAD化
■木型、倣い型、クレイモデル、石膏型等のCAD化

■ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt) 
■サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他

■金型製作の形状データ作成

■外周のプロファイルデータの取得(ワイヤカット用2Dデータ)
■自由曲面と機構部の融合された製品モデルデータ
■修正された金型のデータ取得
■倣い型、木型、石膏型からNC加工データ作成
■ソリッド<出力形式> Parasolid(x_t) Solid Works(prt .sldprt) 

■サーフェス<出力形式> igs  stp asc  その他