ソリッドはフィーチャーベースモデリングです。

三次元測定フィーチャーベースモデリング

測定データからフィーチャーベースモデリング

ソリッドモデリングの彫刻的視点は、大きな塊から不要な部分をカット

する方法です。木の彫刻や石の彫刻と同じでイメージ彫り込みます。

見えない部分、隠されている部分の断面に出来る形状やカットされた

後の形状を、常にイメージで想像しながらモデリングします。

 

 

立方体の大きな塊から不要な部分を彫刻のイメージで削っていき

ます。形状を作る順番が重要になります。

 

ソリッドモデリングは、彫塑的、彫刻的のどちらかを形状により選択

して、複数の要素を組み合わせて作成します。

 

押し出し 回転 孔 フレッドんど、フィーチャーと呼ばれる形状の

まとまり単位で立体を構築してフィーチャーベースモデリングです。

 

自動車など組立製品が複数の部品から作られているように、3次元

形状も立体、球などの、いくつものかの要素の組み合わせで作られています。

 

     現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

        

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、測定データから特徴ラインを抽出、編集、作成。

 6、引き出し、回転などのソリッドモデリング機能でモデリング。

 7、フィチャー、ブーリアン演算で組立モデリング。

 8、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

 測定データと作成中のリバースモデルとの誤差精度を

 リアルタイムに確認しながらモデリング作業を行ないます。