ソリッドはいくつかの要素の組み合わせでモデリングします。

三次元測定ソリッドモデリング

測定データからリバースエンジニアリングのソリッドモデルを作成

 

ソリットモデリングには形状要素を積み上げる彫塑視点と大きな塊か

ら不要な部分を削り取る彫刻視点があります。

 

彫塑視点

造形概念の決まった複数の形状要素を積み上げて造形します。

 

積み木やブロックの造形です。複数カタチを利用しての組立ます。

す。3次元 コンピュータグラフィックスやCADにおいて、体積を持った

形状同士の和、差、積、の集合 演算によりブーリアン演算の造形

方法でのモデリング手法。物体と物体を合体したり、抜き取ったり、

共通部分以外は削除したりします。

 

論理和(Union)は、選択する 2 つのメッシュの体積を結合します。

 

論理差(Difference)は、最初に選択するメッシュから 2 つ目のメッシュの体積を減算します。

 

論理積(Intersection)は、2 つのメッシュの共有体積からなるメッシュを生成します。

 

       押し出し      ソリッド         差

 

 

     現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

        

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、測定データから特徴ラインを抽出、編集、作成。

 6、引き出し、回転などのソリッドモデリング機能でモデリング。

 7、フィチャー、ブーリアン演算で組立モデリング。

 8、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

 

 

 測定データと作成中のリバースモデルとの誤差精度を

 リアルタイムに確認しながらモデリング作業を行ないます。