ソリッドはいくつかの要素の組み合わせでモデリングします。

三次元測定ソリッドモデリング

測定データからリバースエンジニアリングのソリッドモデルを作成

 

ソリッドは、立体を多面体や曲面体の集合で構成します。立体は面

が移動した軌跡によりそれらを加えたり減らしたりして作成します。


空間上に面を定義し、それを押し出したり、回転させたりして立体の

ソリットモデルを作成します。

 

面の平行移動、面を掃引して立体を作成 (引き出しソリッド)

リバースモデルの場合は、測定データの点群からエッジラインを

抽出し、ラインを利用して平行移動で作成します。

 

 

面を回転して立体を作成 (回転しソリッド)

リバースモデルの場合は、測定データの点群からエッジラインを

抽出し、ラインを利用して回転で作成します。

 

三次元形状はいくつかの要素、立方体、球などの組み合わせにより

構成されています。モデリングには、押出し、回転、切抜き、フィレット

など要素の組み合わせでソリッドモデリングします。

 

 

 

    現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

        

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、測定データから特徴ラインを抽出、編集、作成。

 6、引き出し、回転などのソリッドモデリング機能でモデリング。

 7、フィチャー、ブーリアン演算で組立モデリング。

 8、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

 測定データと作成中のリバースモデルとの誤差精度を

 リアルタイムに確認しながらモデリング作業を行ないます。