サーフェス間のフレッド作成、複数面どうしのフィレットサーフェス

三次元測定三次元測定・フィレットサーフェス

面と面との間にフィレット面生成

 

立体物には、角に丸みを帯びさせたり、斜めに削られているものがあ

ります。丸みを帯びている状態をフィレット、斜めに削られている状態

を面取りといわれています

      

 

円弧をフィレットまたは面取りする際に、フィレット曲線や面取り線まで延長する必要があります。

 

          

 

ポリカーブやポリラインの角を1つの指定した半径の円弧でフィレット

       

 

通常は一定の半径で丸みのアール)を付けますが、滑らかな形状を

作るには,丸みの半径を徐々に変えていかなければならない場合も

あります。このように,半径を徐々に変化させていくフィレットのことを

徐変フィレットと呼びます。

        

 

 

     現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

        

 

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

  

 

 

  ワイヤフレーム  ⇒ サーフエス面  ⇒  面の延長 

     

 

 

 

  稜線でフィレット作成   ソリッド