サーフェスの作成には連続性と曲率性を重んじて作ります。

三次元測定三次元測定・サーフェス

連続性、曲率の連続、継ぎ目なしのサーフェスの延長

 

サーフェスは、CAD空間上にラインを引き、ラインの移動、回転など

で面を作成します。立体の稜線、角、フィレットを作成する場合、面

の延長を利用します。面の交差でトリムし、稜線出しや角出しを行

ない、角だし部分でフィレットを作り上げて行きます。サーフェスの

延長には、継ぎ目なしでサーフェスを延長します。

 

ソリッド機能では、自由な曲面形状を作成するには限界があります。
ソリッドフィーチャーは、フィーチャー全体が1方向に沿って構築され、1つまたは複数の平坦な面が作成される傾向があります。部品全体が曲面で構成されるような形状を作成する場合、 1面ずつ最適な手法を使用してサーフェスを作成します。

 

接触-G0連続性・・・接触し、エッジを共有します。

2つのサーフェースのエッジのみの接続で作製します。そのため新し

いサーフェースと2つのサーフェースのつながりは断面で見れば点接

触のため通常は折れます。

      

 

正接-G1連続性・・・性質の違った面の結合、曲率が連続していない。

2つのサーフェースとのエッジの接続とさらにサーフェースとの接線

接続を試みるのでつながりは滑らかになります。

      

 

曲率-G2連続性・・・曲率を保持、デザイン性に優れています。

2つのサーフェースの曲率を維持するので、より自然な感じに滑らかに作製されます。

       

  

 

    現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

        

 

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式  

 

 

  ワイヤフレーム  ⇒ サーフエス面  ⇒  面の延長 

     

 

r

 点群からできるサーフエスはエッジが不揃で修正が必要に

 なります。エッジの手前から面を延長して面と面の交差で、

 カットし角出しを行ないます。

 

 

 点群から作成する面の端は不揃いな面になリやすいため、面の

 延長などのCADモデリング機能で面を整えます。