立体視覚的に見える輪郭をつなぎ合わせてサーフェスメッシュを作成

三次元測定三次元測定・サーフェス

空間形状を複数つくりつなぎ合わせてメッシュを作成

 

サーフェスの基本形状は三角形もしくは四角形で,その組合せで3Dモデルを形成します。3Dオブジェクトのエッジ面などで構成されます。

ワイヤフレームよりも高度なモデリングです。

 

サーフェスには表面と裏面があります。作成された面データを、他のCADで読み込んだ場合、表裏が逆転することがあります。

 

立体視覚的に見える輪郭をつなぎ合わせ、空間形状を複数つくり隙

なくつなぎあわせます。密封すればソリッドデータにもなります。

 

密封精度がソフトウェアにより違いがあり、他のCADソフトウェアで読

み込むと、面と面に隙間が発生することがあります。ソリッドデータよ

り不安定なめんがあります。

 

 

 

 

 リバースモデルを作成する場合は、三次元測定のデータとの

 誤差をカラーマップでリアルタイムに確認しながら、モデリング

 します。

   

  

 

    現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒   ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

          

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

  

  ワイヤフレーム  ⇒ サーフエス面   ⇒  ソリッド