線のみで図形を表現するためコンピュータグラフィック描画

三次元測定三次元測定・ワイヤーフレーム

3次元の立体を表わすもっとも簡単な3D表現方法

 

ワイヤフレームとは、3次元座標を持つ複数の点を一定の順序で結ん

でいくことで立体物を描画するフレームことをいいます。枠の部分だ

けを針金細工のような形式で再現します。

 

立方体などは辺のみを描画し、曲面などは網目状の線で表現する。情報量が少なく、高速に描画できるなどの利点があるが、線のみで図形を表現するためコンピュータグラフィック描画やCG分野向きです。

 

コンピュータグラフィックスを描画する場合、最も現実的なレンダリング手法がワイヤーフレームであり、CGの多くはワイヤーフレームモデ

ルでした。三次元CADとして利用するには、ワイヤフレームに障子

を貼る様に面作成すれば、サーフェスデータとして利用可能です。

 

 

  点列からワイヤフレーム生成し、サーフェスを作成します。   

  

 

    現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒   ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

          

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

  

  ワイヤフレーム  ⇒ サーフエス面   ⇒  ソリッド