点群のポイントデータから多面体のポリゴンメッシュの生成

三次元測定三次元測定・ポリゴンデータ

点群データを多面体ポリゴンメッシュに再構築

 

ポリゴンとは、3次元コンピュータグラフィックスとソリッドモデリングの

多面体オブジェクトの形状を定義する頂点、辺、面の集合のこと。

 

三角形、四角形または他の単純な凸型のポリゴンで構成されて

います。多角形のポリゴンの集まりにより表面をあらわします。

多数のポリゴンで複雑な形状を表すことができます。

 

三角形メッシュは、コンピュー演算計算で扱うのに簡単のため利用されています。全ての多角形は必ず三角形群へ分割できる。三角形の載る平面は一つだけです。

 

コンピュータグラフィックスや幾何学モデリング等のアプリケーシ

ョンや目的に合わせて使用​​されています。

 

点群データを三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴン面を合成して、三次元ポリゴンメッシュモデルを生成します。

   

     ポリゴンメッシュ         ポリゴン  頂点、辺、面

   

 

     現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

 

   点群データ ⇒   ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

          

 

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

  <マウスの例>

 

     点群          ポリゴン     サーフエス面作成