3Dデジタイジングは、製品開発段階におけるデザイナの意匠をコ ンピュータ内に取り込むができます。

三次元測定3Dデジタイジング

現物形状 3次元デジタイジング CAD化 リバースモデル作成

 

 デジタイザー

 ●連続のアンログ量を、数値化、デジタル化する装置。

 ●パソコンなどに位置情報を入力する装置。

 ●2D用 図形などを、特定のペンでなぞり平面的の座標をデジタル化して入力する装置。

 ●3D用 立体物を立体的になぞり連続した表面形状の座標をデジタル化して入力する装置


 

 3Dデジタイジング

 ●実在する立体物をデジタイジングでコンピュータに取り込み、3D-CAD化する装置です。

 ●非接触カメラ式3次元デジタイザ ワークに投影されたフリンジパターンを2台のCCDカメラで計測、

  各カメラピクセル上の3次元座標を高精度に計算し、対象物の表面形状データを採取します。

 ●レーザ光デジタイザー 投光光学系により生成されたストライプレーザ光を測定対象物に照射し、

  反射光をイメージングセンサで受光、三角測距して、対象物の表面形状データを採取します。 


 

 3Dスキャンとリバースエンジニアリング

 ●光学式非接触三次元測定機でワーク全体を計測します。

 ●X方向、Y方向、Z方向、各方向の立体計測データを採集、点群処理、ポリゴン面作成。

 ●ポリゴンメッシュから、3D-CADモデリング等でリバースエンジニアリングデータを作成します。

 ●リバースエンジニアリング技術は、設計、意匠、試作、金型、解析などモノづくりに利用できます。

     <前のページに戻る>