スキャンは、スキャニング機能でデータを読み取り、デジタルデータに変換し、コンピュータに取り込むことをいいます。  

三次元測定三次元スキャン、3Dスキャン

現物形状 3次元スキャン CAD化 リバースモデル作成

 

 スキャンとは

 ●詳しく調べる意味。

 ●レーダやソナー等で走査、探査することをいいます。

 ●印刷物などをコンピューターで扱える画像データとして光学的に読み取ります

 ●医療関係では、超音波で腹部を走査することをスキャンするといいます。


 

 3Dスキャナー

 ●単点の計測・測定と違い、点群の連続取得で面的に、3次元計測・測定・測量を行ないます。

 ●3Dレンダリングに使用する3次元モデルの作成時に使用します。

 ●非接触カメラ式は、CCDカメラで座標を高精度に採集。リバースエンジニアリング向きです。

 ●レーザースキャナーは、地形や構造物等の3次元座標を瞬時採取できる、建造物向きです。

 

 3Dスキャンとリバースエンジニアリング

 ●光学式非接触三次元測定機でワーク全体を計測します。

 ●X方向、Y方向、Z方向、各方向の立体計測データを採集、点群処理、ポリゴン面作成。

 ●ポリゴンメッシュから、3D-CADモデリング等でリバースエンジニアリングデータを作成します。

 ●リバースエンジニアリング技術は、設計、意匠、試作、金型、解析などモノづくりに利用できます。

    <前のページに戻る>