立体物の現物形状の座標点を三次元測定で測定し点群データを取得

三次元測定三次元測定・点群データ

点群・座標点・ポイントデータ

 

点群は三次元測定装置で作成します。(三次元測定、三次元デジタイジング、三次元スキャナー、X線CTスキャナーなど)

 

三次元測定装置などで物体表面を測定、及びスキャンし多数の3次元座標を点群として取得、採取します。

 

測定機から取得した点群データの拡散、透過、反射などの不必要なノ イズを削除の最小化して点群の最適化を実行します

 

複数の方向から測定した点群データをアルゴリズムを利用して、三次元形状に位置合わせ作業をソフトウェアーで行ないます。

 

点群データを三角ポリゴンメッシュに再構成し、個別のポリゴン面を合成して、三次元ポリゴンメッシュモデルを生成します。

   

     座標点          点群       ポリゴンメッシュ

   

 

 

    現物             三次元測定 

     

 

 

   点群データ ⇒ ポリゴンデータ ⇒CADモデリング

      

 

 

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 5、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式