三次元立体物を測量するには三角法を用いてデータ所得します。

三次元測定非接触式測定

三次元物体と視点との間の投影面を置き、投影線と投影面の交点を得る

CCDカメラ三角法で座標定義、位置情報を点群データに変換 ポリゴンデータ CAD作成 リバースモデルのデータサービス

 

 三角法手法で立体画像の位置データを取得

 ●三角法は、三角形の角の大きさと、辺の長さの関係を用いて測定する手法をいいます。 

 ●三角関数は、平面三角法において、直角三角形の角の大きさから辺の比を与える関数の総称です。

 ●三角法を用いて物の高さなどを測ることができる、投影図法も三角法ともいわれています。

 ●投影図は、三次元立体物を二次元平面図に写したものを、画法幾何学の投射図といわれています。

 

 基準点と各測点を結んで測量区域を三角形の組み合わせで示し三角法により三角形の内角、辺長を用いて距離位置関係を

 求めます。三次元測定機は三角法を用いて3D形状データを収得します。

 

    3D測定 ⇒ 三角法から点群 点群、ポリゴン ポリゴンからライン  ラインから面   リバースモデル