CCDは構造半導体素子の一種で、シリコン基板表面の酸化膜上に多数の電極を設けています

三次元測定非接触式測定

画像を電気信号に変換する時に光から発生した電荷を読み出すCCDチップ

CCDカメラ 画像を点群データに変換 ポリゴンデータ CADデータ作成 リバースモデルのデータサービス

 

 CCDカメラの測定

 ●CCDは、固体撮像素子を意味するCharge Coupled Deviceの頭文字をとった呼び名です。 

 ●光に対して感度が優れています。ビデオカメラ、デジタルカメラ、カメラ付き携帯電話などに使われています

 ●CCDイメージセンサ Charge Coupled Device Image Sensorは光電変換素子の半導体素子です。

 ●カメラ本体の前面についている結像レンズから、光が入り、CCDチップの表面で像を結びます。

 ●CCDチップは、光が当たると電子をはき出す性質のシリコンでできています。

 ●CCDチップではき出されて電子を電極がとらえて、光をためこみます。

 

 レンズからのる光を受け止めるCCDチップは、カメラのフィルムにあたる部分です。画素の数だけ電極が貼り付けてあります。

 CCD チップの一つの画素が小さいと、画素数が増えて細かな画像がえられます。多くの光をため込めば、通信回線などの

 品質をあらわす数値信号雑音比が大きくなり測光精度がよくなります。高感度のCCD搭載の2台のカメラで3D測定をおこないます。

 

   CCDカメラ  ⇒ 画像から点群 ⇒ 点群からポリゴンポリゴンからライン  ラインから面   リバースモデル