プロジェクタからの縞パターンを投影して、投影面と受像面における対応関係より,三角測量の原理を用いて物体表面上の位置を測定します。

三次元測定非接触式測定

三角測量の原理を用いて,物体表面上の位置を計測する手法

パターン光投影法の3次元測定 点群データ ポリゴンデータ ソリッドデータ作成 リバースモデルのデータサービス

 

 光パターン投影法測定

 ●パターン光投影法は、パターン光をシーンに投影し、画像に写ったパターン上の点の三次元座標を求める方法です。 

 ●パターン上の各点から三角測量の原理で、それらの点に対応する三次元座標で3D形状データを取得します

 ●測定機の偏りを基準量によって正すキャリブレーションしたカメラで撮影し、パターンの座標系との関係で座標を取得します。

 ●投影した2次元パターンの投影面と受像面における対応関係より,縞パターンをの原理を用いて物体表面上の位置を測定します

 

 縞パターンを投影て測定します。プロジェクタからのサインカーブパターンを、所定の位相分ずらしながら複数回撮影します。

 空間分 解能が高く、高精度に計測できます。2個のカメラで撮影します、ステレオ方式でランダムパターンを投影することで

 安定した測定データの取得ができます

 

   CCDカメラ    プロジェクタ ⇒    光を投影   縞パターンを ⇒   ワークに投影   3D点群データ