CADモデリングとはCADによる3D設計、キーボードとマウスを使用して、ディスプレイを見ながら、モデルを組み立てます。

三次元測定三次元測定・CADモデリング

コンピュータで仮想空間に立体を描いて設計するCADモデリング

 

CADモデリングとは、立体の三次元の存在をコンピューに描画して、設計することをいいます

 

作業者がコンピュータの画面上で設計、モデリングをするために用いられるものです。工業製品から日常製品の製作に、CADをベースに製品化されています。

 

モデリングの対応付けなどの前段階で、各頂点の座標の設定や、境界線・境界面を表現する、プログラムに動作を指定するために外部から与える設定値の決定等のモデルの形を決めます。

 

CADによる作業はオペレータがキーボードとマウスを使用して、ディスプレイを見ながら、モデルを組み立てます。コンピュータ中

でのモノづくりになります。デザイン、設計、金型、加工などモノ

づくり業界ではCADを使用することが常識化しています。製造分

野のコストダウン・スピードアップ化においても、CADはなくては

ならない存在となっております。

 

三次元CADは、コンピュータ上の仮想空間に縦・横・奥行のある

立体を描きます。カタチを表すには、ワイヤーフレーム、サーフェ

ス、ソリッドと大きく分けて3つの方法があります。

 

 

  ワイヤーフレーム    サーフェス        ソリッド

   

 

 

    現物         三次元測定・スキャニング    ⇒

  

 

   点群データ ⇒   ポリゴンデータ ⇒ CADモデリング

          

 

 

 1、対象物を三次元測定にて、表面形状のデータ採取

 2、デジタイジングで採取した点群データを最適化します。

 3、点群データから三角パッチのポリゴンデータを作成編集。

 4、平滑化、簡素化、スムージング化などのポリゴン最適化。

 5、ポリゴンデータからブーリアン演算面を作成編集します。

 6、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式

 

  

 モデリングはコンピュータ上の仮想空間モノづくりです。

 オペレータの技術とノウハウによるCAD職人の技と言えます。

 

     

                            <前のページに戻る>