金型はモノづくりの資産、工業製品の金属部品、樹脂部品、射出成形などの金型のリバースモデル作成のデータサービス。

三次元測定3次元測定データの取得

金型を3次元測定、測定データからCADモデリング、リバースエンジニアリング技術

3次元測定で金型をデジタル化 点群データ ポリゴンデータ CADデータ リバースモデルのデータサービス

 

 各種の金型

 ●絞り型、曲げ型、抜き型、寄曲型などのプレス型。単型と順送型があります。 

 ●肉厚で強度が必要な製品、エンジンのコネクティングロードなどの加工する鍛造型、

 ●金型の湯口の開口部から溶融させた鉄やアルミニュウムを流し込み成形を行う鋳造型。

 ●金型を射出成形機にセットして、型締め、溶融したプラスチック材料を金型の空洞部に注入して成形する射出成形型、

 ●密閉型された金型に空気、ガスなどを原材料に噴きつけて製品にするブロー成形型。

 ●密閉型の中に自動車のタイヤなどの材料を入れて型で押し込んで製品にする圧縮成形型

 ●半密閉型に温めたシート状の材料をセットして開けた無数の穴から空気を抜き大気圧で押し付けて作る真空成形型

 ●半開放型にアルミやプラスチックなどの母材を型に押し付け、均一断面の長尺製品を作成する押出金型

 

 金型製作にはCAD/CAM化が進み上流データは3次元ソリッドとなっています。2番型などの製作にはデータがそのまま利用できれ ば問題がないですが、1番型が手修正してある場合、元のCADデータは使用できません、その場合リバースエンジニアリング技術 ど出番になります。修正されている金型を3D測定してリバースモデルを作成します、これにより修正箇所が反映した同じ金型ができ ます。また図面がない金型の製作に製品などのモデルがあればリバースエンジニアリング技術でCADデータを作成します。

 

   CCDカメラ  ⇒  金型を測定   点群、ポリゴン ポリゴンからライン  ラインから面   リバースモデル    
      

 

                   <前のページに戻る>