3次元測定データからサーフェスリバースモデルを作成します。

三次元測定3次元測定データの取得

3次元測定データからCADモデリングする、リバースエンジニアリング技術

3次元測定でアナログをデジタル化 点群データ ポリゴンデータ サーフェス面作成 リバースモデルのデータサービス

 

  サーフェスリバースモデルの作成

  三次元測定データから特徴線を抽出します。生成したラインの編集を経て、ワイヤーを作成します。

  ●ワイヤーフレームは立体図形をその輪郭を表す線のみで表現する手法です。データが軽いためCGでよく使用します。 

  ●リバースモデル作成では、3次元測定データからワイヤーフレームを作成します。

  ●3次元測定データから作成された、ワイヤーフレームに障子を貼るように1枚づつサーフェス面を貼ります

  ●サーフェス面の延長、トリム、カット、角出し、フレットなどのサーフェスのCAD編集で形を整えます

  ●サーフェス面を密封して、中身の詰まったソリッドデータを作成します。

 

  サーフェス面は表面データのみで、中は空洞です。そのため解析などで中身の詰まったソリッドデータが必要の場合、

  サーフェスデータからソリッドデータに変換が必要になります。サーフェスデータを密封してソリッドデータにします。

 

  密封の精度によりソリッドデータの品質が変わります。密封状態はサーフェスの精度にも影響してきます。

  CAD間のデータの受け渡し時に、トレランスの違いによ るトラブルも発生する問題があります。問題解決には相互の

  調整が必要になります。

 

    3次元測定データ ワイヤフレーム作成 サーフェス作成 延長・カット・稜線出し 編集作業で完成