リバースエンジニアリングのサーフェスモデルについて

三次元測定測定

サーフェスモデルとは

 

内容

■表面の情報を持ったCADデータです。

■すべての面は四方向で構成されています。

■線と線の構成から面を作成し、面を組み合わせることで立体を表現します。

■ある方向から見た稜線や断面線などの2次元要素を組合せて面を作成します。

 

特徴

■表面形状のみで中は空洞の面デ-タです。

■表面形状の解析、分析、検証等に利用できます。

■面を作成する自由度が高く、デザイナー向けCADに多く使われています。

 

リバースエンジニアリングのサーフェスモデル(自由曲面)

■曲率に沿って連続的に繋がった面です。

■手作りで作成した曲線、数値で表現できない形状等に向いています。

■工業モデルの意匠面、美術工芸品等によく使用されます。

 

サーフェスのモデリング

■機構部分はCADモデリングします。数値で作成(ボス、ボア、スタット、リブ等)

■リバースエンジニアリングの自由曲面とモデリング面を融合します。

■出力形式 IGES(igs)

■サーフェスの面を密封してソリッドを生成し、パラソリット形式で出力可能です。