3D測定データからCADモデリング|3測定とリバースエンジニアリング

 

三次元測定データからパラメータ化されたCADモデルを作成

■3D-CAD化の内容 

 

三次元測定

測定機から取得・採集した点群のポイントのノイズを最小化します。

複数方向から測定した点群の座標点アルゴリズムを利用し合成。

3次元ポリゴンメッシュを生成し、3次元曲面の形状面を生成します。  

ポリゴン編集機能でポリゴンの間引きなどの編集作業で最適化します。

ポリゴンの分割、スムージング、孔うめ。3次元測定からモデルを具現化。

 

三次元測定データ利用 

工業モデル、製品モデル、図面のない金型製作に3次元測定を利用。 

自由曲面形状を含んでいる複雑な形状部品設計、新製品デザイン開発。

製品の構造解析、CAE解析用、設計へのフィードバック。3D測定

三次元測定を利用した型製作・製品解析・アナログからデジタル作成。 

3次元測定の応用

 

三次元測定詳細  座標点   ⇒ ポリゴン⇒ CADモデル

    

 

  木型モデル    既製品      金型      製品解析

    
三次元測定

 

 

サーフェスモデリング (三次元測定からCAD面作成

三次元測定で採取した点群のポイント(座標点)から作成します。

採取した点群のポイントから特徴線、断面線などのラインを抽出。

抽出したラインを利用して、ワイヤーフレームを作成しサーフェス作成。

抽出ラインを利用して回転面、引き出し面などのモデリング機能で編集。

出力CAD形式 IGES 面を密封しソリッド形式のパラソリッド出力。

 

サーフェスの特長 (三次元測定からCAD面作成

サーフェス面は、ワーク表面形状の情報データのみで中身は空洞です。

サーフェスモデルは、ワイヤーフレームなどのラインを元に作成します。

線と線の構成から面を作成し、面を組み合わせることで立体を表現。

三次元測定3次元測定・3D計測利用のリバースエンジニアリング

3次元測定の応用

 

 サーフェスとは 特徴線の抽出 モデリング   自由曲面 

    

 

  ワイヤーフレーム   面張り     面の延長   フィレット

    

次元測定

 

 

ソリッドモデル (三次元測定からCAD面作成

三次元測定で採取した点群のポイント(座標点)から作成します。

採取した点群のポイントから、ワーク特徴面、フイチャー面を抽出。

抽出した面を利用してフイチャー機能でソリッドの3Dモデリング。

抽出した面を利用してブーリアン演算機能でソリッドの3DCADモデリング。

出力形式 パラソリッド形式及びIGES形式で出力します。

 

ソリッドの特長 (三次元測定からCAD面作成

ソリッドモデルとは、中身の詰まった3Dデータです。

立体的な塊を複数組み合わせ、削る、押し出すなどで立体を表現します。

重量、体積や重心の計算、部品間の干渉チェック、解析などの利用可能。

三次元測定3次元測定・3D計測利用の型づくり、製品解析、データベース等。
3次元測定の応用

 

 ソリッドとは  造形プロセス   彫塑的視点  彫刻的視点

    

 

  スケッチ  ブーリアン演算  フイチャー 

    

次元測定

 

 

カメラ式三次元測定機の内容

製造メ-カ Solutionix    機種名 Rexcan Ⅲ 三次元測定機

三次元測定範囲 75㎜~587㎜  連結スキャン、3DCADで合成します。

CGカメラ解像度 2Mega Pixel  1.628×1.236 (diagonal) ツインカメラ方式

再現精度  0.04~0.29 対象物に合わせレンズで交換三次元測定

三次元測定のカメラアングル 25度、10度

カメラと対象物との距離  490㎜×112㎜×140㎜ 三次元測定距離  

ツインカメラ方式 パタ-ン投影 2台のカメラで三次元測定

交換レンズ 対象物のサイズによりレンズ交換でベスト状態で三次元測定

三次元測定・処理ソフトウェア RapidfomXOR

三次元測定からの3D化 3DCADでCAD編集及びCADモデリング。

 

光学式三次元測定

CCDカメラ左右2個と中間点にあるプロジェクションユニットで構成。

対象物にプロジェクタランプと移動スライドで異なる縞模様のパターンを投影。

CCDカメラ左右2個が変化する縞模様を高速に連続撮影。三次元測定

対象物の正確な三次元測定の点群データをソフトウェアで取得します。

三次元測定点群を合成し全体の3D形状生成し、ポリゴン作成。

3次元測定の応用

 

 

 三次元測定    パターン    三角法    測定原理

    

 

光学式三次元測定の特長

全体に切れ目なくポイント点の点群の採取が可能。

ピッチで測定する方法より滑らかな三次元測定。

複雑な形状部分は自動的に多めなポイントで構成。

自重で変形しない範囲の柔らか物体の三次元測定可能。
三次元測定範囲、普通自動車半分位のサイズ迄可能。

 

光学式三次元測定の欠点

対象物が光を反射しやすい材質は採取不能になります。
対象物が光吸収してしまう黒色などは採取不能。

光反射防止、光吸収防止に探傷剤の塗布が必要です。  

 

 

X線CT三次元測定

物体をさまざまな方向からX線CTでスキャニングしてスキャンから物体の内部構造の3次元測定で、形状を得ることができます。三次元測定

 

X線が物質に入射すると、さまざまな原因により吸収されながら通過していきます。CTスキャンの3D測定装置は、X線の吸収される性質を利用して、物体をしらべることができます。

 

検査対象を試料テーブルの上に置き、X線を照射しながらテーブルを回転させ360度分の透視形状データを採取。3D測定で全形状を測定。

 

X 線CT システムによる非接触・非破壊内部形状取得材料や製品を切断するなどの前処理なしで可能。X線CT・3D測定。 三次元測定

 

CT可能な材質・・樹脂・セラミックス・マグネシュウム・ アルミニウム・スチール

 

3D測定・スキャン範囲・・プラスチック、ゴム、樹脂類 250㎜×250㎜

3D測定スキャン範囲・・アルミニウム等軽金属  φ120㎜以下

3D測定スキャン範囲・・鋳造品,鋳鉄,スチール φ10㎜~20㎜以下

3D測定スキャン精度・・・20μm (0.02) 三次元測定精度

3次元測定の応用三次元測定

 

   現物    3D測定   X線CT三次元測定 3D測定

     

 

     点群     ⇒     ポリゴン       CADモデリング3D測定

     

 

1、現物をCT・3D測定、外形状、中形状の採取。

2、デジタイジングで採取した点群を最適化します

3、点群データから三角パッチのポリゴンを作成編集。

4、ポリゴンからブーリアン演算面を作成編集します。

5、3D-CAD出力 IGES形式及びパラソリッド形式3D測定

 

密封された内側、外側の形状、透明なワーク等の3D測定

 

三次元測定の対象物の画像をお送りください。

お問合せフォームで、ご連絡ください。<お問合せフォームへ>

画像を添付できる、メールアドレスをお知らせいたします。

対象物の3方向以上の画像をお送りください。

画像を拝見して、三次元測定の御見積いたします。

機密保持などの契約が必要の場合は締結いたします。

 

三次元測定から作成したサンプルをお送りします。

互換性及び内容確認のためサンプルをお送りします

サーフェス系CADソフトウェアー向けサンプル IGES形式

ソリット系CADソフトウェアー向けサンプル パラソリッド形式 X_B

御注文になりましたら、次の住所にお送りください。3D測定

 ■送り先 愛知県豊橋市八町通五丁目11番地

 ■会社名 アポロ株式会社 ■担当者 CAD課 守屋一郎

3次元測定の応用

三次元測定から3D-CAD作成

通常1週間から10日の納期になります3D測定

乱反射防止のため、ミクロチェック現像液吹きつけます。
3次元測定後、ミクロチェック現像液を除去します。

3次測定から3D-CAD作成します。

完成した3次元測定CADをお送りします。

3次元測定業務終了後対象物を返却します。3D測定

 

三次元測定業務

機密保持契約に関わる取引先の公表は行いません。

お取り先は、日本国内の法人に限ります。3D測定
個人及び日本国外の案件は取扱いいたしません。

3次元測定の作業現場は見学はお断りしています。

3次元測定内容は、ホームページを参照してください。

 

 

リバースエンジニアリングの流れ・三次元測定

お問合せ3次元測定試しデータ確認見積り注文1週間~10日位3次元測定完成

原型のデジタル化や、部品および金型の複製作成、モックアップ製作用などの3次元測定からリバースエンジニアリングのサービス。

 

測定と計測の違い  三次元測定あれこれ

測定は、長さ・重さ・速さなど種々の量を器具や装置を用いてはかること、目に見える物を測る場合にいわれます。直接測る方法と間接的に測る方法があります。基準用いて比較、数値符号を用いて表す、一定の規則に沿って測定値を表示。量を数値化する作業者の領分になります。スケール、ノギス、マイクロメータ等によって直接読み取る方法を直接測定と言われています。人の手で道具を利用して測定するため個人差による測定誤差が出やすいです。ブロックゲージやダイヤルゲージ等によって測定しその部品の値を知る比較測定は間接側定と言われます。三次元測定

 

測定には物をじ種類の量の約束された一定量を単位の何倍であるかを数量での表測定と、物の長さを計る対象の量と同種の量で直接計る直接測定に一般的定義されています。 直接計れない体積等は、各部の長さを計り計算によって求めまめる間接測定。 比較測定、遠隔測定、零位法、偏位法、置換法、合致法、補償法、差動法等各種の2次元測定方法があります三次元測定は、被測定物の縦量、横量、高さを同時に測定します。測定するワークの座標系を三次元測定機にて採取します。三次元測定機にて物体のX方向、Y報方向、Z方向の立体座標系を採集、集められた無数の座標系の点群を結び、ポリゴン面を作成、ポリゴンメッシュから、3D-CADモデリングにてリバースエンジニアリングを作成します。三次元測定から得た形状情報の有効利用がされています。

 

計測は、計測機械を用いて物の量や数値をはかる、目的、方法、手段、製作、製造、製品などの評価を有する技術者の領分になります。JISZ8103による定義は、特定の目的をもって、事物を量的にとらえるための方法、手段を考究し、その結果を用いて所期の目的を達成すると定義しています。測定は量を数値化する作業者の領分であり、計測は目的、手段、実施、評価を有する技術者の領分としてされています。三次元測定の目的

 

三次元測定は、三次元測定機を用いて、目に見える範囲の表面形状を測定します。立体的なものをデータ化するために「3次元測定」が行われます。測定を数値化し、三次元CADを作成する作業者領分。現物からのCADを用いて、三次元測定を用いて、工業製品の設計・開発工程を支援するコンピュータシステムのCAEや製品の構造解析解析の評価を有する技術者の領分までの利用が可能になります。三次元測定の目的

 

更新金型、生産中の金型の更新の金型製作に、3Dのデータがない場合が多いといわれています。その場合は既製製品から3三次元測定でCADを作成することが出来ます。現物の製品を三次元測定し、測定から3D-CADを作成します。リバースした3DのCADモデルから三次元測定から金型設計することにより更新型の製作が可能になります。三次元測定の目的

 

リバースモデル、三次元測定で得られた、実物形状から作成された3D-CADをリバースモデルといわれます。三次元測定で採取した三次元座標を結び面を作成したリバースモデルと平面、平行、円弧など数値的修正したリバースモデルがあります。利用目的により手法を選択します。製品の形状の変形などを検証する場合は、三次元測定で採取した座標点を結んだそのままのメッシュを作成します。元のCADと重ねることで、形状の検証ができます。更新型、2番型などの型用のCADが必要の場合、平面、平行、円弧等が変形を数値的に修正して作成します。三次元測定とリバースモデルの製品CADを利用して金型設計ができるようになります。三次元測定の目的